iQubeパートナーシップの強み

iQubeパートナーシップでは、パートナー様向けにカスタマイズされた充実したシステムをご用意しております。

iQubeはパートナー契約を締結後、お客様への提供を手間なく始められます。

パートナーシップ5つの強み

充実したOEMによる提供体制

iQubeは、代理店様のご意向に合わせてサービス内の「製品名」、「ロゴ」、「ログイン画面」、「ニュースサイト」、「ヘルプページ」、「告知」を任意に変更することが可能です。

  • 製品名
    製品名はパートナー様の任意のものに変更することが可能です。

  • ロゴの変更
    サービス内で表示されるロゴを弊社から発行する管理画面から変更が可能です。

  • ログイン画面
    簡易なものであれば、パートナー傘下のユーザー様専用のログイン画面を弊社側でご用意させて頂きます。

  • ニュースサイト/ヘルプページ
    iQubeの名称を変更した状態でニュースサイト、及びヘルプページのご用意を致します。これらは完全にiQubeと連動しているため、常に最新の情報が更新されます。

  • 告知
    バージョンアップ告知や障害報告などは全て弊社からニュースサイトを介して、パートナー様の提供しているiQube内にお知らせとして告知致します。

 

充実したライセンス管理画面の発行

iQubeのライセンスを管理する管理画面をパートナー様毎に発行します。パートナー様はこの画面上から「組織管理」、「組織情報エクスポート」、「ロゴ管理」、「公式ガジェット」を行うことが可能です。

  • 組織管理
    新規の企業を登録、ライセンスの発行、プランの変更等を行うことが出来ます。「企業検索」、「企業情報登録」、「企業情報編集」が可能です。

  • 組織情報エクスポート
    代理店様傘下の企業をCSVでエクスポートし、利用人数や契約状態等を一覧で確認することが出来ます。

  • ロゴ管理
    OEMでiQubeを提供する際の商品ロゴを設定管理することが可能です。

  • 公式ガジェット
    パートナー様がクライアント様向けに、ホーム画面上に固定のガジェットを表示させることが可能です。パートナー様がユーザー様への広告として利用することができます。

 

シームレスなシステム連携

現在、ご利用企業様・ご提携企業様に対する管理画面のAPIとiQube内におけるシングル・サインオンを実装しています。

●管理画面API

利用可能なAPIは以下になります。
  • 新規組織作成
  • 組織情報変更
  • 利用の停止
  • ログイン回数の確認
  • 組織の基本情報の確認
  • 現在のライセンス情報の確認

現在、上記のAPIを利用し、パートナー様が元々持っているシステムに組み込んでご利用頂いているケースも多々ございます。各企業様に合わせた形でAPIをご利用頂き、独自の導入スタイルを実現することが出来ます。弊社は今後も積極的にAPIの公開を進めていく予定です。連携機能やアプリケーションを増やしていきたいと考えております。

●シングル・サインオン

iQubeは「マルチログイン」機能というシングル・サインオンを実装しています。iQubeにログインをすることによって、他サービスへのログイン作業を省略することができます。

シングル・サインオンは複数のサービスの設定が可能となっており、ユーザー様毎にID/Passwordを設定頂くことで、iQubeをポータルとして利用することが可能になります。

 

ソーシャルグループウェアによる安心のサポート体制

弊社ソーシャルグループウェアによるパートナー様向けに充実したサポート体制をご用意しております。「営業・販売サポート(iQube導入前)」、「お問い合わせサポート(iQube導入後)」の2種類をご用意しております。

  • 営業・販売サポート(iQube導入前)
    ご要望がある場合は営業様向けの勉強会等の設置が可能です。また、営業時で必要な資料等のご用意を致します。
    パートナー様の営業フェーズにおいて、提案先からご質問等がある場合も御社を介した上で回答させて頂きます。

  • お問い合わせサポート(iQube導入後)
    取次店、代理店(再販)の場合は弊社のサポートチームがエンドユーザー様からのお問い合わせに対して1次対応を行うことが可能です。
    ※OEMによる提供の場合は1次対応はパートナー様にて受けて頂きますが、2次対応は弊社サポートチームが対応致します。

 

iQubeの豊富で充実した機能群とスピーディーなバージョンアップ

iQubeは20種類に及ぶ機能を有しています。様々なお客様のニーズに答えられるサービスとなっています。また一方でiQubeの大きな特徴の一つとして、頻繁に行われるバージョンアップがあります。ユーザー様の声を考慮しつつ、平均1ヶ月に1回のペースでサービス全体と各機能の改善を図っています。