導入企業様の一例
KDDI ウェブコミュニケーションズ
TOKAIコミュニケーションズ
揚羽
データ変換研究所
テレコム・エクスプレス
ウイングル

iQubeとは?

iQubeホーム画面

iQubeは10名まで無料で使えるクラウド型グループウェアです。社内ノウハウの蓄積に特化した15機能を実装。iQube上に社内ノウハウをストックしていくことによって、情報が属人化しない働きやすい組織作りを促進します。直感的に使えるユーザーインターフェースや社内情報ストックに関しての機能で高い評価を得ており、2011,2012年には日経コンピュータ主催のクラウドランキングで2年連続ベストサービス賞を受賞し、現在では9,000社以上の企業にご導入いただいております。

  無料プランへのリンク

 

 

 

 

 

iQube導入の3つのメリット

 

1,適切な情報共有とブラッシュアップが可能

iQubeホーム画面

組織内で情報を共有する際に各グループやユーザごとに開示先を制限したいという場合に、無料グループウェアでは対応できない場合があります。 iQubeではグループごとに文書を共有することができ、グループによって文書が閲覧可能なユーザーを設定できるので、適切な情報を必要な人にのみ共有することができます。文書上の情報を常に最新の物に書き換えていくことも可能です。例えば、経理部の共有すべき情報をiQube上に蓄積し、さらにユーザ同士でコメントをすることで情報のブラッシュアップが可能です。その他にも営業日報や社内報としても利用できます。

                                 >>今すぐiQubeを使ってみる

 2.ノウハウを蓄積・共有する文化が社内に定着する

iQubeホーム画面

iQubeホーム画面

個人や組織のタスク管理やレポートなど利用する機能が多岐に渡るケースが多くあります。しかし情報が散在して管理しにくくなり、あまり使われなくなることも。 iQubeではスケジュールとレポートやToDoリストとの連携が可能です。そのためプロジェクトの進捗をスケジュール上で一括管理することができます。複数機能をスケジュール上で完結させることでグループウェアの利用を促進させることにもつながります。

                                 >>今すぐiQubeを使ってみる

 3.いつでもどこでも最新情報を共有できる

iQubeホーム画面

会社内にある文書や情報を社外から参照できない、稟議書の決済スピードが遅いなど情報へのアクセシビリティが問題になることが多くあります。 iQubeではスマートフォン用画面を用意し、社外からの利用にも適しています。またレポートや社内Wiki上で顧客情報などを管理することでいつでもそうした情報へアクセスしやすくなり、例えば外回りの多い営業部内の効率を上げることもできます。

                             >>今すぐiQubeを使ってみる

iQube導入事例

ご利用者の声

医療法人積愛会 横浜舞岡病院 院長 加瀬 昭彦 様

「院内での情報共有やスケジュール組みがスムーズになった」


院長 加瀬 昭彦 様

院内コミュニケーションの活性化と、それまで紙媒体で行われていた業務を効率化するためにiQubeを導入した横浜舞岡病院。企業のためのツールであると思われがちなグループウェアだが、院内業務で役立つことも多いという。どのような効果があったのか、iQubeの活用方法を加瀬院長に伺った。

株式会社ディ・ポップス

医療法人積愛会 横浜舞岡病院 http://www.y-maiokahp.or.jp/
〒244-0813 神奈川県横浜市戸塚区舞岡町3482

 1957年に開設。地域に根ざした病院として、時代の変化やニーズに柔軟かつ迅速に対応しながら、安全で良質な医療を提供。診療科目は精神科、神経科、内科、老人性認知症専門外来。2012年からiQubeを利用開始

株式会社ディ・ポップス 執行役員 経営企画室室長 加藤 貴博様

「システムをiQubeに一本化、業務効率を改善」


執行役員 経営企画室室長 加藤 貴博様 

 社内コミュニケーション円滑化のために社内ブログの導入を決定した株式会社ディ・ポップス。グループウェアの機能が加わった後は社内ブログだけでなく様々な用途で活用し業務を効率化。どのような効果があったのか、iQubeの活用方法を経営企画室長、加藤様に伺った。

株式会社ディ・ポップス

株式会社ディ・ポップス http://www.d-pops.co.jp/
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-15-1渋谷クロスタワー30F

 1998年に設立。都内駅前中心に50店舗を展開し、主にモバイルショップの運営、通信関連商材の販売を行っている。2012年からiQubeを使用。

斎藤 博彦様

「外部会社とのやりとりの履歴が残り、言った、言わないが解消された」

企画本部 システムグループ グループ長 斎藤 博彦 様

トラック輸送、鉄道輸送、海上輸送、倉庫事業など、大規模なビジネスを展開する、日本製紙物流株式会社。同社の企画本部 システムグループ長の 斎藤様に、iQubeを活用してどのように外部会社とのやりとりを円滑に行っているかお聞きした。

株式会社エイコン

日本製紙物流株式会社 http://www.np-log.co.jp
〒114-0002 東京都北区王子5-1-1

全国各地に点在する日本製紙グループの工場や消費地倉庫から出荷される紙製品の輸送を基本としてトラック・トレーラー・コンテナと多様な陸運形態を完備し、全国を舞台にお客様のニーズに合わせて安全、確実・正確なサービスを提供。

松永 孝治 様

「スケジュールが使いやすく、社内の情報共有が活性化した」

代表取締役 松永 孝治 様

2003年に防虫ウェアにおいて初めてアメリカ合衆国環境保護庁による登録の許可を得た株式会社インセクトシールド。その日本法人にあたる同社は、アジアでのシェア拡大を担っている。今までの概念を覆す、振動波による防虫を実現させた同社の代表取締役である松永様に、iQubeの使用感をお話し頂いた。

株式会社エイコン

株式会社インセクトシールドジャパンhttp://www.insectshield.jp/index.html
〒183-0011 東京都府中市白糸台1-13-2

新しい繊維への防虫加工技術により、今や多くの場所で商品として使われている「着るだけで虫よけ」は新しいトレンドを立ち上げている。