グループウェア『iQube』の機能紹介

 

    アプリケーションレベルでのセキュリティ対策

    iQubeでは社外への情報漏洩対策はもちろんのこと、社内での情報統制にも配慮しています。

    Saas型グループウェア
    アプリケーションについて
    ・ログイン認証
    IDとパスワードによるユーザー認証をSSL暗号化通信を使用して行うため、漏洩の心配がありません。
      ・ユーザーとコンテンツの管理
    権限設定、開示制限により、細かな情報管理が可能です。
    ・暗号化通信                                全ページへのアクセスにSSL暗号化通信を採用します。
     ・IPアドレスによる接続制限                         接続可能なIPアドレスを制限することができます。

    サーバー運用・管理上のセキュリティー対策

    iQubeのサービスは、各種防犯・災害対策が完備された堅牢な施設にて運用されています。

    サーバー運用・管理について
    ・監視
    iQubeのサービスは、24時間監視しております。

      ・バックアップ
    ディスクへバックアップし、二次的な保護を提供します。

    ネットワークレベルでのセキュリティ対策

     

     

    ネットワークについて
    ・ファイアウォールの設置
    監視されていないポートからの攻撃を防止しています。

      ・ネットワーク機器の冗長化
    複数の上位ネットワークとの接続等で、回線障害を防止しています。