4種の無料グループウェア徹底比較!登録前に違いをチェック!

グループウェア比較表

昨今無料で使えるグループウェアが増えています。しかし製品によって制限が異なり、無料で使えるからと言って自社に適しているとは限りません。そこで無料グループウェア4製品を徹底比較。各社の特長と、どのような企業に適しているのかをまとめました。

目次

 1.小規模プロジェクトでの利用に最適な「iQube」
 2.モバイルが使いやすい「Aipo」
▶ 3.社外メンバーがいるプロジェクトに「サイボウズLive」
▶ 4.容量制限なしが魅力の「GRIDY」
▶ 5.無料グループウェア比較表
6.iQube無料プランのご案内

小規模プロジェクトでの利用に最適な「iQube」

iQubeホームページ画像小規模プロジェクトでの利用に最適な「iQube」

特長

株式会社ガイアックスが提供する「iQube」の無料プラン。スケジュールに加え、社内ノウハウの蓄積・活用のための機能に力を入れているため、レポートやWiki機能が備わっています。Todo管理機能もあり、プロジェクト内のタスク管理やルールの共有などに活用できます。 

また無料グループウェアでは珍しくアクセスIP制限が可能。セキュアに利用できます。

iQubeログイン後画面「iQube」ログイン後画面

適している用途

10人未満であれば無期限で無料で使えるので少人数の企業や部署・プロジェクト単位での利用に最適です。「会社としてグループウェアは使っていないけど、自分の部署で試してみたい」「このプロジェクトで蓄積されたノウハウを今後も活用していきたい」という方は無料登録されてみてはいかがでしょうか。利用していた時の情報はそのままで有料プランに移行することもできます。

ここに注意!

グループウェアとしての基本機能は揃えているものの、メッセージやWebメールといったコミュニケーション機能はありません。その場合はオプションが必要になります。

モバイルが使いやすい「Aipo」

Aipoホームページ画像モバイルが使いやすい「Aipo」

特長

株式会社エイムラックの提供するグループウェア「Aipo」。Sプランが無料で利用でき、10,000社以上が導入しています。タイムライン形式で情報共有できるので、社内SNSとグループウェアの中間のような使い方ができます。モバイルで使いやすいのも特長の一つです。 

Aipoログイン後画面「Aipo」ログイン後画面

適している用途

営業など外出するメンバーが多い企業のスケジュール共有や社内コミュニケーションツールとして最適です。またAipo自体にない機能をアプリとして追加できストレージやチャット機能を追加できるので、「無料だけれどもカスタマイズできるグループウェア」を探している方にはお薦めです。

ここに注意!

容量は10MBと他製品と比べて少なめです。ファイル共有が可能ですが、多用すると容量制限を超え、すぐに有料になる恐れがあります。

社外メンバーがいるプロジェクトに「サイボウズLive」

サイボウズLiveホームページ画像社外メンバーがいるプロジェクトに「サイボウズLive」

特長

国内シェアNo.1のグループウェア「サイボウズ」を提供しているサイボウズ株式会社が社外やプライベートでの情報共有を円滑にすることを目的に開発した「サイボウズLive」。

一般的なグループウェアに加えてチャット機能があり、300人まで同時にチャットができます。

サイボウズLiveログイン後画面「サイボウズ Live」ログイン後画面

適している用途

社外やプライベートでの情報共有に活用することを目的に開発されているため、社外関係者の多いプロジェクトでの利用に最適です。またタスク機能もついているので、関係団体との団体業務の管理・運営などにも向いています。

ここに注意!

サイボウズ製品内では“社外やプライベートでの情報共有を円滑にすることを目的とした「セカンドグループウェア」“と位置付けられており、社内での利用を前提としていないためワークフローや報告書など業務で必要となる機能がありません。またサイボウズLiveは個人向けの製品のため、管理者権限の設定ができず、入退社の全体管理などは行えません。

容量制限なしが魅力の「GRIDY」

GRIDYホームページ画像容量制限なしが魅力の「GRIDY」

特長

ナレッジスイート株式会社が提供する「GRIDY」。23機能と無料グループウェア内でもかなりの機能数を提供。容量制限もありません。

GRIDYログイン後画面「GRIDY」ログイン後画面

適している用途

容量制限がないことから、ファイル共有やレポートなどデータ共有が多い企業に最適です。また有料版に移行するとデータベースとの連携が可能になり、将来的には顧客データベースを活用したい、という企業にとって発展性があるのではないでしょうか。

ここに注意!

モバイルで利用する場合には、有料版「Knowledge Suite」を導入する必要があります。そのため、営業や出向するエンジニアなど社外に社員がいることが多い企業はご注意ください。

無料グループウェア比較表

最後に、これまでご紹介した無料グループウェアの各機能をまとめた比較表をご紹介します。

 iQubeAipoサイボウズ Live GRIDY
容量 30MB 10MB 1GB 制限なし
スケジュール
レポート
ファイル共有
ToDoリスト
ワークフロー ×
掲示板
電話メモ ×
タイムカード ×
アンケート × ×
全画面SSL通信
アクセスIP制限 × × ×
特長 ナレッジ蓄積に特化 無料グループウェア
シェアNo.1 
デザイン性
の高さ
他製品との
連携

<無料グループウェア比較表>

iQube無料プラン

無料プループウェアは各製品で適した用途が異なります。自社の用途に合っているのか、使い勝手はいいのか、試してから利用することがグループウェア導入の成否を握っているといえます。

iQubeは10人未満であれば無期限に無料で利用できるので、小規模プロジェクトでの利用に最適です。是非お試しください。

無料プランへのリンク