グループウェア活用テクニック【ワークフロー編】

「グループウェアを導入したけど機能が多くて使いこなせていない」と悩んでいませんか?クラウド型グループウェア「iQube」は社内ノウハウの蓄積・活用に役立つ機能が多いことが特長です。その一つであるワークフロー機能の活用テクニックをご紹介します。

iQubeホーム画面

目次

▶ 1.ワークフロー機能とは?
▶ 2. 社内稟議書として活用
3. まとめ

ワークフロー機能とは?

ワークフロー機能とは社内で行われる稟議精算や業務をそれぞれ一連の流れとしてまとめ、見える化・電子化することで決済スピードの向上や過去稟議書の確認に役立ちます。

特長

・数値の条件による経路スキップなど詳細な設定が可能
・スマホからも稟議書を処理できる
・経路をドラッグ&ドロップで設定できる
・参考資料としてファイルを添付できる

社内稟議書として活用

ワークフロー機能の主な用途として、社内の稟議書関連を電子化することができます。これまでの申請書の項目をワークフロー機能内で再現し、各ユーザはそれに従って稟議をあげます。申請された稟議書はスマートフォンからも承認できるため、処理スピードを向上させることができます。

iQubeワークフロー

また、ワークフローの作成権限をかけることができ、各申請書が必要な部署に対して公開できます。そうすることで社内のワークフローをすっきりさせることも。

まとめ

今回ご紹介したワークフロー機能の活用方法以外にも、設定次第では様々な用途にご利用いただくことができます。設定方法などはこちらからご覧いただくことができます。

また、iQube無料プランなら10人まで無期限でワークフロー機能をご利用いただくことができます。以下からいますぐご利用いただけます。

無料プランへのリンク